スピードFX

FXの取引時間は?

FXの取引時間

原則平日・祝日のほぼ24時間取引可能

FXの特徴は取引時間が長いため、自由度が高いことです。 原則平日・祝日のほぼ24時間取引を行うことができます。 外国為替市場はシドニー、東京、香港、シンガポール、ロンドン、ニューヨークと順に開かれていきます。 平日であればいつもどこかの市場が開いているため、日中しか取引できない株取引と違って、仕事終わりや夜間に取引が可能です。 自身の生活スタイルに合わせて、取引しやすい投資なのです。

クリスマスは営業時間を短縮する可能性が高い

FXは祝日でもほぼ24時間、取引を行うことができます。しかし、クリスマスは多くのFX会社で取引時間が短縮されます。 クリスマスは欧米にとっては大切な休日です。取引量の多いロンドンやニューヨーク市場が休場となると、お金の動きが少なくなります。 そのため市場の流動性が著しく低下し、突発的な報道や要人発言があると、急な相場変動が起こることがあります。

FXには夏時間(サマータイム)と冬時間(米国標準時間)がある

FXではアメリカのサマータイム制度に伴い、時期によって取引時間が異なります。 【切替時期】 夏時間・・・3月第2日曜日~11月第1日曜日 冬時間・・・11月第1日曜日~3月第2日曜日 【取引時間】 夏時間 月   午前7:00~翌日午前5:55     火~金 午前6:10~翌日午前5:55 冬時間 月   午前7:00~翌日午前6:55     火~金 午前7:10~翌日午前6:55 取引時間については各FX会社によって、取引時間が多少異なります。

 

土日

FXでは基本的に土日は取引ができません。世界各国の市場為替市場の多くが休場となるためです。 FX会社によって取引できない時間は若干異なりますが、土曜日6時から7時頃で取引不可となります。 土日が休場になっていることで、注意点があります。それは政治・経済で突発的な事象は発生した場合です。 その情報が反映されるのは週明けで、一斉に注文が行われます。そのためチャートに窓ができる程、急激に相場が動いてしまいます。

年末年始(元日)

1月1日は元日のため、世界の市場は休場となります。元日以外も年末年始はお金の動きが少なく、流動性が大きく低下します。 そのため相場が急変するリスクがあります。 また、注文する際もスプレッドが拡大していることが多く、通常よりも多くのコストを支払うことになります。 無理に取引を行うメリットは少ないため、ポジションはできるだけ処理しておく方が安心です。

為替市場の値動きが活発になりやすい時間帯

東京市場(日本時間8時から)

東京市場は一般的に、日本時間の8時から17時までを指します。 同じ時間帯に取引を行っているのは、中国・オーストラリア・シンガポールが主な市場です。 午前9:55には基準レート(TTM)を決める「中値」が発表されます。実需筋を中心に取引が発生して10時頃までは値動きが活発になる傾向があります。 またゴトー日(5日、10日等)には企業の決済日が多く、取引先に支払うドルが大量に必要になります。 そのため円安ドル高になりやすくなる傾向を見越して、取引をする投資家も存在します。

ロンドン市場(日本時間16時から)

ロンドン市場は日本時間の16時~26時(冬時間は17時~27時)に開かれています。 欧州勢が中心となって取引を行うため、ユーロやポンドが活発に取引されます。 19時頃は昼休みのため、値動きは一旦落ち着く傾向です。 日本時間21時以降(冬時間は22時以降)になると、ニューヨーク市場も開かれ、1日の中でもっとも活発に取引される時間帯となります。 この活発な時間帯だけ取引を行う投資家も存在するため、仕事が終わってからのみ取引を行う方法も考えられます。

ニューヨーク市場(日本時間21時から)

ニューヨーク市場は日本時間の21時~翌朝6時(冬時間は22時~翌朝7時)まで開かれています。 米国勢だけでなく欧州勢も活発に取引を行います。 米ドル/円といったクロス円だけでなく、ユーロ/米ドルといったドルストレートと呼ばれる通貨ぺアが活発に売買されます。 ニューヨーク市場では米国の重要な経済指標が発表されます。特に毎月第1金曜日に発表される米雇用統計は、為替に大きな影響を与えます。

為替市場の値動きが小さく取引をおすすめしない時間帯

日本時間の早朝

日本時間の早朝6時~7時頃はお金の動きが少なく、流動性が低下しており値動きは小さくなります。 しかし流動性が低下しているタイミングを狙って、大口の機関投資家が取引を行うことがあります。 そうすると突発的な為替の変動が起こり、思わぬ損失を抱えてしまう可能性につながります。 またスプレッドが拡がり易い時間帯でもあるため、積極的な取引が控えた方が良いでしょう。

重要な経済イベントの前

米雇用統計や主要国のGDP等の重要な発表前は、様子見ムードのため値動きは小さくなります。 各国中央銀行による政策金利の発表、中央銀行総裁の講演といった要人発言前も同様です。 これらの発表や発言後は大きく為替が動く可能性があり、あえて結果を予測して取引を行う投資家も存在します。 しかし、FX取引経験が少ない間は、しっかりと様子を見て発表後に対応することをお勧めします。

夏時間

FXではアメリカのサマータイム制度に伴い、時期によって取引時間が異なります。 【切替時期】 夏時間・・・3月第2日曜日~11月第1日曜日 【取引時間】 夏時間 月   午前7:00~翌日午前5:55     火~金 午前6:10~翌日午前5:55 取引時間については各FX会社によって、取引時間が多少異なります。 夏時間は冬時間に比べて、指標発表等の時間が1時間早まります。 切替時期に当たる3月は、勘違いしないように注意が必要です。

冬時間

FXではアメリカのサマータイム制度に伴い、時期によって取引時間が異なります。 【切替時期】 冬時間・・・11月第1日曜日~3月第2日曜日 【取引時間】 冬時間 月   午前7:00~翌日午前6:55     火~金 午前7:10~翌日午前6:55 取引時間については各FX会社によって、取引時間が多少異なります。 冬時間は夏時間に比べて、指標発表等の時間が1時間遅れます。 切替時期に当たる11月は、勘違いしないように注意が必要です。