スピードFX

ドルコスト平均法

ドルコスト平均法とは?

ドルコスト平均法とは価格が変動投資対象を、一定期間ごとに一定金額分ずつ購入していく投資法です。 例えば、「米ドル/円うぃ毎月1万円ずつ、1年間購入する」といった購入手法を決めます。 しかし為替は変動するものであり、いつも同じロット数(数量)を購入する訳ではありません。 このドル高になると購入するロット数は減り、ドル安になると購入するロット数が増えます。 そうすると「高い時は少なく、安い時に多く」買うことができるのです。 為替価格の変動リスクを低減しなから、長期にわたり取引を続けていくことができます。

ドルコスト平均法のメリット

相場が上昇・下降局面のどちらでも始められる

決まった金額で定期的に購入するため、購入のタイミングに悩まされることはありません。 通常のFX取引であれば、買い注文はできるだけ底値で、上昇トレンドに乗って行う必要があります。 ドルコスト平均法を用いた取引は、底値で買ったからと言って、運用成績が良くなる訳ではないのです。 相場の上昇・下降局面どちらでも始めることができます。

高値掴みのリスクを抑えられる

何度どなく経験する「高値掴み」。価格が上がり続けて上昇トレンドに乗ったつもりが、購入直後に反転。価格が下落して損失を出してしまう。 タイミングを分散させずに一括で購入する場合は、相場を慎重に分析して注文を行う必要があります。 しかしドルコスト平均法では、毎回の購入金額が一定のため、価格が高い時は購入量が自然と少なくなります。易い時は購入量が多くなります。 結果、購入単価が平均化され、高値掴みのリスクを抑えることができます。

相場の価格変動に一喜一憂せず長期的に投資を続けやすい

相場が日々変動します。急騰・急落もあります。一喜一憂せずに冷静な取引を行う必要がありますが、取引を行っているのは人間です。 どうしても感情に左右され、損失が拡大していくと心理的なダメージも大きくなります。 こうした心理的な負担を抑えることができるのも、ドルコスト平均法のメリットです。 相場の下落時は、多く購入することができます。 相場の高値圏は、少なく購入することになります。 価格変動に惑わされることなく、長期的な視点で投資を続けていくことができます。

まとまった資金がなくても始められる

いざFX取引を開始しようとした場合、ある程度スタート時点でまとまったお金が必要になります。 しかしドルコスト平均法であれば、「10万円ずつ10回購入」や「2万円ずつ50回購入」のように、自分のペースで購入していくことができます。 初めからまとまった資金を用意しなくても、少額からまずはスタートできることがメリットです。

自動で購入できるので手間がかからない

ドルコスト平均法の運用方法は、毎月1日に購入する等、自分で行う訳ではありません。自分で日にちと金額を決めて理論上は行うことができます。 しかし前述したように、人間には感情があります。大幅な為替変動を目にしながら、続けていくことは困難でしょう。 そこで運用するのが、証券会社です。 証券会社は金融商品を数多く取り扱っています。自動で定期的に購入していくことができるため、開始時に商品を選択して設定を行えば、自動で運用されていきます。

ドルコスト平均法のデメリット・リスク

相場動向によってはマイナスとなる場合もある

ドルコスト平均法はメリットばかりではありません。為替相場の動きによって損失が出る可能性があります。 一定の範囲内での値動き(レンジ相場)であれば、大きな損失は発生することはありません。 しかし運用開始中に大きな値動きがあった場合は、投資額を上回る損失が出てしまいます。 また、為替相場が上昇し続けている局面では、定期的に分散して購入するより一括で購入した方が、大きな利益を得ることができます。

大きな利益を狙うには不向き

一括で購入する場合は、「安く買って高く売る」または、「高く売って安く買う」が原則です。 しかしドルコスト平均法は一定期間、一定額の購入を続けるため、価格が安くなったからと言って、購入額を増やして多く購入することはできません。 また価格が高くなったとしても、運用期間中は売却しないことが前提です。 ドルコスト平均法は長期間にわたって、安定した利益を上げることを目的としています。 短期的な取引で利益を得たい場合は不向きなのです。

手数料がかかる

証券会社が取り扱っているドルコスト平均法による金融商品を利用する場合は、手数料が発生します。購入する度に手数料が発生する場合もあります。 また投資信託の場合の信託報酬など、保有期間に応じて費用が発生することもあります。 ドルコスト平均法は長期にわたって何度も購入を行う手法です。各商品によって手数料の金額や発生の仕方に違いがあるため、十分に比較・検討が必要です。

短期投資には不向き

ドルコスト平均法の利点は、長期的な視点でタイミングを分散して購入します。 そうすることで購入価格が平均化され、価格変動リスクを抑えることができます。 ドルコスト平均法を始めて数か月で利益を得ていくものではなく、結果が表れるまでに時間が必要です。利益も一度に大きな利益を得る訳ではなく、少しずつ積み重ねていくのです。 こうして長期的な運用成績を積み重ねていく投資手法のため、短期的な投資には不向きなのです。

ドルコスト平均法を活用した投資のやり方

分散投資を行う

ドルコスト平均法は購入のタイミングを分散させることで、短期的なリスクを分散させる手法です。 しかし為替相場は、突発的に急激に変動します。 こうした時に備えて、さらにリスクを分散させる必要があります。 投資対象の分散は、投資における基本原則とされます。より万全なリスクヘッジのためにも、購入タイミングだけでなく投資対象も分散させておくと良いでしょう。

定期的に運用状況を確認する

短期的な取引で利益を積み重ねていく手法と違って、ドルコスト平均法は長期的な視点で運用を行います。 毎日為替相場を確認して、戦略を建てていく必要はありません。しかし、運用期間中おまかせで完全に放置して良いものではありません。 為替相場によっては、トレンドによって運用成績が良くないケースもあります。 ある一定期間様子を見ても改善が見られない場合は、運用方針を見直すことも考えられます。 ドルコスト平均法だからと言って、いつも利益を出すとは限らないのです。